FC2ブログ

記事一覧

傾聴屋_05



「学生時代には、もう少し内に衝動的なエネルギーがあったはずなんだが、なんというか、最近すげえ自分がスポイルされちまってる気がしてたまらないんだ。」
「イライラしますか?」
「そういうのとは違うな…そうだな、この前は心当たりがないと言ったが、お前が帰った後に思い出したことがあった。」



俺の言葉に、女が促すように視線を寄越す。
黒いデカイ目にじっと見られると、やはり不思議な感覚を覚える。
俺は背をソファーに預け、腕を組んで目を瞑る。
感覚的なものを人に伝えるのは難しい。自分の中で言葉を探す。



「こっちに帰って来てからだ。
夜中にはっと目を覚ました瞬間、自分がなすべきことが他に有るんじゃないか、とか、何か忘れていることがあるような、驚くほどの焦燥感に駆られるときがあった。


目が覚めて、今俺がいる世界がリアルなのか、さっきまで見ていた夢の方がリアルの世界なのかが分からなくなったり、何処かに行かなければならない気がして、本能的に部屋を出て、そこで覚醒してはっとするんだが、何処に行こうとしていたのか、全く思い出せやしない。ついさっきまでは、間違いなく何処かを目指そうとしてたのにだぞ?


今までは夢もあまり見なかったんだ。
いや、見ても覚えていないのかもしれないが、こんなことはなかった。


18の時からニューヨークにいて、少し前に日本に戻って来た。
英語で会話なんてのはもうなんてことないが、やはり日本語の方が耳に馴染みがある。向こうと比べ、こっちは街も綺麗で安全だ。母国だしな。そういう意味でも、気持ちが少しだけ緩んだのかもしれない。その時はそう思い、特に気にもかけなかった。」



「ご自身で意識していなくとも、長い外国暮らしで少しづづ疲れが澱のように蓄積されたのかもしれませんね。おっしゃる通り、こちらに戻られて、強い緊張から解放されたのかも…」



眠れないことに対する理由なんてどうでも良かった。
俺にとって、眠れないことは大したことないからだ。身体に限界が来れば、僅かな時間だか、気を失うように眠りに落ちる。精神的な問題か、仕事中にそんな発作に襲われることもないため、今のところ不都合もない。



ただ、誰かに話すことがきっかけで、記憶がぶり返したり、思考がまとまるもんだな、と感じる。



「なあ、眠れないことはそんなに問題か?」



女が少しだけ首を右に傾ける。



「私は医師でもカウンセラーでもございません。ですので、私の個人的な見解ですが…
お客様ご本人が苦痛だと感じていないのであれば、そして健康面や日常生活面で不都合が生じていないのであれば様子を見る、というのでも良いように思います。」
「なんだよ、お前、こんな仕事してるくせに資格持ってねーの?」
「はい、私はお客様のお話を聞くだけですから。」
またもや悪びれることもなくあっさり肯定し、俺の嫌味も受け流される。



やっぱりうさんくせえ。
でも、悪くない、と思う。



この前の医師みたく、物知り顔で何か言われても、お前に何が分かると反発心しか湧かないが、こうやってのらりくらりとどこにたどり着くかも分からねぇ会話は、なかなか良い気晴らしになった。
守秘義務が担保されていて、思考をどれだけ垂れ流そうが、他に与える影響がない。



おまけに、そうか、こいつが俺になんの期待もしてねーってのがいいんだな、と気付く。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもありがとうございます。


先日、出張で新幹線を使ったのですが、駅で変な動きの人達を見かけました。
なんだ?と思ったら、手錠をかけられた被疑者?と私服警察官なのか、スーツ姿の男性でした。
手錠は金属が見えないようにグレーの専用の布カバーで覆われており、そして腰には縄が巻かれ、同行者と繋がれていました。
最近逃走ニュースなど耳にするので、近くを歩くときには、人知れず動悸が早まった小市民です。


話変わって、全席指定の新幹線の場合、何分前に駅に着くようにしてますか?
私は遅くとも30分前には到着。
夫には早すぎだと言われますが、不測の事態を想定していつも早めです。
お陰で乗り遅れたことはありません。が、一人での新幹線、飛行機は何度経験しても慣れませーん。
昔遠距離恋愛をしていた頃、新幹線の回数券買うほど通っていたのに…それでも乗るときにはチケット握りしめて、何度も確認してます。ビビリ。
乗っちゃえばこっちのもんですが。


今日も来週も出張が入ってます。来週は、同僚と一緒で、美味しい店に連れて行ってくれるそう。いそいそと調べてくれてます。有り難や。
そういうのは楽しみなのですが、新しい職場ではすっかり出張に行ける人認定されてしまいました。(前の部署では、子供がいるので極力避けてたのですが、一度行けばそりゃ行けると思われてしまいますよね…)


今までは代わりに誰かが行ってくれてたのだと感謝しながら、今は自分の持ち回りの番だと受け止めて、今日も行ってきます。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

悠*さま

おはようございます。
申し訳ありません、お返事遅れました。

阿闍梨餅良かったですね!
そうなんですよ、構内広くてホームが遠かったりありますからね。
関西方面は、本数も多いから気持ちまだマシですが、北海道新幹線、北陸新幹線は緊張感高めです。(笑)

いやー、でも疲れるので、あまり好きじゃないかな。
家のことも気になるので、基本トンボ帰りなので。
往復7時間、目的地滞在一時間半とかだと、マジで普通に勤務してたほーが楽です…

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0004

Author:0004
はじめまして。
お立ち寄り頂きありがとうございます。

〈お願い事項〉
当サイト内の文章等の無断転載及び複製、他サイトへの無断引用等の行為はご遠慮ください。