FC2ブログ

記事一覧

あなたがいれば_12




基本あたしの行動範囲は、屋敷内と、事前に決められたショップ、スーパーに限定。
道明寺が一緒なら、他の場所もオッケーだけど、仕事があるからそうそうあたしについて歩ける訳がない。



すっかり籠の中の鳥だ。
だけど、気分は悪くない。何故なら、かつてなく道明寺と過ごせるから。
これがあたしも日本にいて日常生活を営んでいれば、また違うのだろうが、ここは異国で。
そもそも道明寺に会いに来たのだから。



乙女心的には、この『好きな人が自分のことをひたすらに大切にしてくれる』という状況は、なんとも恥ずかしいけど嬉しい…嬉しいけど気恥ずかしい…むずむずする…でもやっぱり嬉しいが勝つ!と言ったところだ。
ただ、正直言うと、この姿は知り合いには見られたくないなぁ、と思う。見られたら羞恥で倒れる。きっと…
やっぱり二人だという限定状況が、あたしを浮かれさせてるらしい。



あたしの一日は、彼を送り出すことから始まる。
寝起きの悪い奴を起こし、いらないというのを無理矢理軽く朝食を取らせてから見送ると、それからお母さんが選抜した家庭教師から色々なことを学ぶ。
家庭教師と聞いた時は、はじめサリバン先生みたいな怖い人をイメージしてたけど、意外と皆気さくで親切だ。なにより、知らないことを学ぶのは楽しかった。



夕方になると、道明寺が帰宅時間を連絡してくれるので、ご飯を一緒に食べられる日は、あたしはシェフの手伝いをしながら料理も習った。



屋敷内の設備は、ホテルなんかよりよっぽど充実していたし、庭も広い。お母さんからは、庭師の邪魔をしなければ、庭も自由にしていいと言われ、屋敷にいるだけでも結構毎日が忙しく過ぎて行く。



道明寺と街中デートもした。あの時はSPから逃げてたのに、今度はSPに守られながら。
あたしは駆除される側だったのに、今は守られる側。なんとも状況の違いに、驚くようだ。
なんか懐かしいね、なんて話しながらセントラルパークで遊んでから、近くのフードコートを手を繋いでプラプラ見て、二人で並んで一つのアイスを食べた。日本より甘みが強かった。
あたし達みたいだと考えて瞬間恥ずかしくなる。



「お前、顔赤いぞ?どうした?大丈夫か?」
アイスカップを持っていたせいで少し冷たくなった手のひらをあたしの頬に添えて、心配そうにあたしの顔を覗き込む。触れる手はひやりとして気持ち良かった。
「疲れたか?悪い、公園暑かったか?」



けど、この人が優しいのは変わらない。若干口が悪いが、それはおあいこだ。
日本にいる時は、あたしの方が素直になれなくて… だけど会えない時間は、そんなあたしを成長させた。
好きな人に守られることをくすぐったく感じられるあたしは、少しだけ素直になった。



道明寺にもたれながら、その大きな手のひらに自分の手を重ねる。
「好き」
自然と言葉がこぼれた。
今触れるほどに近くにいられることが奇跡に思える。
なんだかすごく幸せだった。



だけどやっぱり護衛付きのデートは落ち着かなくて。
その場でスイッチの入った道明寺を抑えるのに相当難儀して。
おかげで以来、専ら屋敷デートばかりだ。




「牧野」



一緒の夕食が終わり、道明寺の部屋に移れば、途端に道明寺の声が甘くなる。
ちょっと、甘すぎやしないかい?と後ずさりしたくなるほどだ。
あのデートから、特にその傾向が強い。



美作さんには、清い関係のまま結婚とかいつの時代だよ、と散々茶化されてたけど。
実際は、タイミングがなかっただけなんだ。



恥ずかしながら…あたしは、とっくに覚悟は出来てたんだから。
屋敷に来て、同じ部屋で寝泊りするとなれば、そりゃそうなるだろう、という感じで、屋敷に滞在して少ししてから、あたし達は自然に一線を超えた。



が、いざ、となった時、一瞬頭に浮かんだのは類に言われた「トラブル体質」だった。
まさか、このタイミングで何か起きるとかないわよね!?
途端に挙動不審になるあたしを道明寺は不審げに見るから、正直に話せば、
「あの、な、こういう時に他の男のこと考えたりすんな、あほ。」
そう言ってデコピンをされる。



ベッドにあぐらをかいて座り込み、頭に手を差し入れ髪をくしゃりとさせてため息をつく道明寺に焦り、ああ、またあたしは失敗したか?とますますテンパる。



「お前、もう何も考えんな。目、つぶってろ。」
けど、心配は一瞬で霧散する。



道明寺が本気出すとすごいことを、あたしは、その夜知ることになる。



いつもありがとうございます。
ウッカリ、編集途中のものがアップされてました…こちら直し済みです。お目汚し失礼しました…
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

悠*さま

おはようございます。
朝一コメントありがとうございます。

すみません、編集中のものがアップになってて…というか、悠*さんのコメントでアップされてたことに気が付きました。
色々ありがとうございます。

司の本気、それはもう…ですよ。
ウブな赤ずきんちゃんはペロリですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0004

Author:0004
はじめまして。
お立ち寄り頂きありがとうございます。