FC2ブログ

記事一覧

落花流水_14

つくしの腹は日増しにでかくなっていく。元々が細い女だから、余計に目立つのかもしれない。ついこの間までぺったんこだったつくしの腹が膨らんで行くことは、生命誕生の神秘を感じさせた。俺はその姿を見ているだけで幸せな気持ちになれた。全てを賭けてもいいと思うほどに惚れた女が隣にいて、母になる過程を見守ることができ、いつでも触れることの出来る幸福感に、俺は溺れた。 近頃では腹の中の子は、本当に俺の子だと錯覚し...

続きを読む

落花流水番外編_Birthday03(CPつかつく)

いつもお越し頂きありがとうございます。本日二話目の公開です。〈12月30日公開記事〉落花流水_13番外編 つくしBirthday CPつかつくーーーーーーーー「新婚旅行みたいね。」そう言うと一瞬虚をつかれたような顔をし、次には嬉しそうに破顔した。「そうか、新婚旅行みたいか。だけど産まれたらもっといろんなとこ連れてってやる。」得意そうに笑う姿はいつもの俺様だ。スタッフの人には食材の買い出しだけお願いして、あたしの誕生...

続きを読む

落花流水_13

悩んでも悩んでも出ない答えに、個人的な感情は抜きにして、これがビジネスだったらどんなジャッジをするだろうかと考えることにした。つくしと類のことだけを考えれば、つくしを返す選択はありだ。だが、類は花沢の後継(こうけい)だ。あいつはまだグループの中核を握るところまで行けていない。今の状態では、父親を味方につけない限り、完全につくしを守りきることは出来ないだろう。父親はどちらについているのか、それが外部...

続きを読む

落花流水番外編_Birthday02(CPつかつく)

いつもお越し頂きありがとうございます。昨日仕事納めの方も多かったのではないでしょうか?今年もお疲れさまでした。まだの方は、もう少しですね。本日二話目の公開です。〈12月29日公開記事〉 落花流水_12 番外編 つくしBirthday CPつかつくーーーーーーーー2人揃って外に出るあまりに美しい海の色にうっとりする。日差しを受けてキラキラと美しく輝くターコイズブルー。空の上から見た海の色も素晴らしかったけど、目の前に広...

続きを読む

落花流水_12

side司つくしがお家があるのに住まないのはもったいないよ、と言うので、結局屋敷に住むことにした。屋敷に専用のホームドクターを常駐させたが、幸いつわりもなく、経過も順調で、特にトラブルもなかった。ただやる事がないのが苦痛らしく、ウロウロと屋敷の中で自分ができる事を探して歩いていた。例の猶予?の時に和解してるのか、お袋とは至って普通で、いつの間にか親父とも茶飲み友達になっているようだった。挙句に親父の世...

続きを読む

落花流水番外編_Birthday01(CPつかつく)

つくしちゃんお誕生日に合わせたお話です。CPはつかつくです。時系列では、今書いてる落花流水の少し先あたり。番外編としてお読み頂けると嬉しいです。********バハマに行くぞ!Christmasが近くなった頃、突然司がそんな事を言い出した。順調とは言え、あたしは妊娠7ヶ月の妊婦だ。びっくりして茫然としていると、その前に買い物だ!と車に乗せられ、あれやこれやと気がつけばブランドものの紙袋がいっぱい。お店の人は、...

続きを読む

落花流水_11

いつもお越し頂きありがとうございます。本日二話目の公開です。今日はつくしbirthdayもあげたいので、お話が繋がるように、区切りのいいところまでアップさせて頂きます。〈12月28日公開記事〉 落花流水_10、11 番外編 つくしBirthday CPつかつく ♯番外編は、今日と明日の9時に更新します。 ーーーーーーーー結婚したことは、あたしの名前も伏せ、各所に書面で通知するに留めるという、道明寺家としては有り得ないぐ...

続きを読む

落花流水_10

sideつくしニューヨークについてから、本当に道明寺はあたしに結婚の申し込みをした。一時的にと滞在していたHotel Mapleの部屋からは、マンハッタンの夜景が綺麗に見えた。そこに花束を抱えて現れたスーツ姿の道明寺は、映画のワンシーンかと見紛うような麗しい美青年ぶりで、スマートに指輪を取り出し、あたしに言った。「愛してる。結婚しよう。」眉目秀麗で、全てを持っているこの男が、なぜここまであたしを好きだと言ってく...

続きを読む

落花流水_09

side司牧野に宣言した通り、ニューヨークに着いてすぐに入籍の準備を進めながらも、日本の様子を探らせた。花沢は、逃げた牧野をまだ探していた。ただ、今のところ俺に辿り着く様子はないようだった。類は今だに戻る様子がなく ー逆にあいつは無事なのかと別な心配も出てきたがー 、花沢の牧野に対する扱いも変わる様子もない。幼馴染は今の事態をどの程度把握しているのか。花沢の動きが変わらないということは、類は知らない...

続きを読む

落花流水_08

「目、つぶってろ。」予想外の道明寺の反応に、なんだかこちらまで恥ずかしくなってしまい、言われるままに目をつぶると、今度は心許ない気がして。思わず道明寺の胸元にしがみつく。途端に道明寺からふわり、と懐かしい香りがした。反射的に昔の甘酸っぱい記憶が身体の中からじわりと湧いた。匂いと記憶は紐付きが強いんだっけ。こんな時なのに。また余計なことを考えた。そんなに長い時間じゃなかった。だけど道明寺に抱き抱えら...

続きを読む

プロフィール

0004

Author:0004
はじめまして。
お立ち寄り頂きありがとうございます。